冬休み【茨城】旅行の穴場!日本一?B級グルメで満足!

   
スポンサーリンク 

「今年の冬休みの旅行は、
茨城に決めた!」

冬休みの旅行計画中に、
突然妻が雄叫びをあげた。

冬休みに茨城?
何があるの?
超マイナーじゃん!

家族からの大ブーイングを
物ともせず、一向に意見を
変えない妻。

「マイナーだから、
茨城は穴場なのよ」

そこまで言うなら、行くか、
冬休みの茨城に。

冬休み茨城の穴場観光!地元の銘菓。日本一のスィーツは?

冬休み 茨城 穴場22

引用元⇒ http://nagatafoods.com/

ナガタフーズ
 
冬休み旅行の初日、
茨城の観光を終えて、
ホテルに向かう途中で
「ちょっとそこへ寄って」
と妻に言われて向かった先が
水戸ドライブイン。

トイレにでも行くのかと思いきや
「お土産買わなきゃ!」と妻。

初日からお土産かよ、
明日でいいじゃんと思うが、
妻の意向に逆らえず
駐車場に車を停める。

子どもの面倒を見ながら
店内をうろついていると、
「あった、あった!」と
妻が何かを見つけた模様。

「これこれ、すいーとまろん。
茨城はクリの生産が日本一
なのよね」

すいーとまろんとは、
その日本一のクリを使った
お菓子らしい。

「加工も茨城のナガタフーズ
っていう会社の工場
でやってるの」

ふ~ん。そうなんだ。

ホテルへ到着するなり、
土産のはずのすいーとまろん
の包装を破り始める妻。

おいおい、お土産じゃないの?

「味見よ、味見。お土産は
明日でもいいじゃん。
冬休みなんだし」

と言いながら、むしゃむしゃと
すいーとまろんを頬張る。

「あま~い!おいし~い!」

どれどれとひとつ頂いてみる。

あまい、そして、うまい。
栗の風味が口の中に広がる。

僕も!私も!
と子どもたちもすいーとまろんに
群がる。

おいおい、食事前に…
と注意をしても聞かず、
結局ぺろりとひと箱平らげた。

そして、夕食の時間。

案の定、せっかくのご馳走を
前に、「お腹いっぱい」と
ろくに箸もつけない子どもたち。

けれど、妻は夕食もばくばくと
食べていた。

おそるべし、妻の胃袋…。

Sponsored links 

冬休み茨城の穴場観光!濃厚な甘さがやみつきになる・・・

冬休み 茨城 穴場23

オリジナル写真です

野原ファーム

今年の冬休みの旅行先は、
茨城県。

観光2日目(最終日)は、
大洗の水族館へ行った。

冬休みの旅行先としては、
まあ、及第点を与えられる
場所だろう。

水族館に向かう途中、
またもや妻が、
「ちょっと寄って欲しいところが」
と寄り道の指令を出す。

妻の指示通り車を走らせると、
目的の水族館からどんどん
遠ざかっていく。

おいおい、どこへ行くんだ?

「穴場よ、穴場」

穴場だか何だか知らないが、
あたりの風景は
畑ばかりになっているんだけど。

ナビを見ると、「鉾田市」と
表示されている。

ようやく車を停めたのは、
その畑のど真ん中。

看板には、
「野原ファーム」と書いてある。

ファーム?!

お父さん、穴場って何?

子どもたちが不安になって
聞いてきた。

それもそのはず、
せっかくの冬休み旅行
なのに、妻の趣味に
付き合わされてばかり
じゃたまらない。

穴場って何?

とそのまま妻に質問をする。

「ここのほしいもがねぇ、
超おいしいって話なの!」

なるほど、おいしいものに
目がない妻らしいが…。
何も水族館に向かう途中に
行くことはなかろうに。

そういえば、茨城は
ほしいもの生産も
日本一だったな。

購入したほしいもは、
ねっとりと甘く、やわらかい。

後を引くおいしさで、
水族館に向かう途中の車
の中で、ほしいもは全部
胃袋の中に押し込まれた。

「農家さんから直接買うなんて
なかなかいいでしょ」

妻が自慢げに言う。

たしかにいいかもしれないし、
おいしかったし、
穴場かもしれないけれど、
イルカショーに間に合わなかったら
どうしてくれるんだ…。

(間に合ったからいいけど)

冬休み茨城の穴場観光!ガルパンの聖地は??

冬休み 茨城 穴場24
オリジナル写真です

大洗まいわい市場

冬休み旅行の一番の目玉、
水族館での
イルカ&アシカのショーを堪能。

ショーが終了すると同時に
うとうとしていた妻が、
途端に元気を取り戻す。

「お土産買わなきゃ!」

またか…。
お土産、お土産とうるさい割に、
まだひとつもお土産を
買えていない。
(全部食べてしまっている)

そうして立ち寄ったのが、
水族館の近くにある
大洗まいわい市場。

地元産の野菜やフルーツ、
それらを使った加工品などが
ずら~りと売られている。

そのラインナップの豊富さは
見ているだけでも面白い。

「あった!!!!」

冬休み旅行一番の歓喜の声
を妻があげた。

「これこれ、ガルパンTシャツ!
ハイソックスも!」

ガールズ&パンツァー。
通称:ガルパン。

大洗を舞台にしたアニメらしい。
それに妻がハマっていたのを
すっかり忘れていた。

「私、下敷き欲しい!」
妻に影響されてアニメを
見始めた子どもたちも
喜んでいる。

そうか、このガルパンが
本来の目的だったのか…。

あれも欲しい、これも欲しいと
凄まじい勢いで物欲を発散。

「大洗はアニヲタの穴場聖地よ!」

妻の鬼気迫る表情が、
冬休み一番の思い出
となってしまった。

冬休み茨城の穴場観光!まとめ

妻の独断で決定した
今年の冬休みの茨城旅行。

その足取りを辿ってみると、
茨城はお土産の穴場なんだと
感じた。

それもそのはず、
茨城は農業産出額が
全国2位。

農業が盛んということは、
おいしいものがたくさんと
いうこと。

つまり、おいしいお土産が
たくさんある県なのだ。

すいーとまろん

野原ファームのほしいも

大洗まいわい市場

クリの産地、茨城のクリを
使用したすいーとまろん。

クリの味わいがちゃんとして、
甘くて上品なお菓子だった。

ホテルに向かう途中の
思いがけないお菓子との
出会いは、穴場であった。

茨城県鉾田市の
野原ファームのほしいもは、
やわらかくて、ねっとりとして
後を引くおいしさ!

農家さんから直接買うなんて
穴場。

大洗まいわい市場は、
妻いわく、
「アニヲタの穴場聖地」。

ガルパングッズが盛りだくさん。
それだけでなく、
茨城の特産品も盛りだくさん。

お土産選びが楽しくなるほどの
商品の充実ぶりだった。

冬休みの茨城旅行は、
お土産旅行になってしまったが、
こんな冬休みの旅行の仕方も
穴場的で面白いと感じた。

茨城穴場まとめ記事はこちら↓

【茨城】穴場スポット記事!まとめ

   
スポンサーリンク 
   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ