冬休み【茨城】旅行!時間を忘れる本屋めぐり。本好きおすすめの穴場!

   
スポンサーリンク 


         
旅先で、古本屋を見つけると
思わず「おっ」と惹かれてしまう。

古本屋といえば、東京の
神保町が有名だ。
品数、質、すべてにおいて
抜きん出ている存在である。

当然、地方で見つけた古本屋
には、そこまでの力はない。

けれども、その偶然
(時として必然なのだが)
の出会いは、
神保町の古本屋にはない
不思議な魅力を秘めていることが、
多々あるのだ。

例えば、去年の冬休みに彼と
旅行に行った茨城県。
(彼も古本好きだ)

茨城=古本屋という認識は
まるでなく、その時は本当に
「偶然に」古本屋と出会った。

その偶然具合、穴場的な
雰囲気に、私たちはすっかり
「ヤラレテ」しまった。

この旅の記録は、
古本屋好きのカップルが
去年の冬休みに茨城を
旅行で訪れた際に巡りあった
3軒の古本屋について
書かせて頂いていたものである。

冬休み茨城の穴場!はずせない古本屋の老舗は?

冬休み 茨城 穴場13
オリジナル写真です

とらや書店
 
茨城の県庁所在地、
水戸市。

冬休みだというのに、
市街地は人通りが少ない。

これは、冬休みだから?
それとも、いつも?

旅人の私たちには
わからないが、とりあえず
めぼしい観光地をまわった後
水戸の街中をぶらぶらと歩いた。

銀杏坂という駅前の坂を
歩いていると、一軒の古本屋に
出くわした。

「古書専門 とらや書店」
と軒先に大きな看板が
掲げられている。

「古書」という文字を
目にした私たちは、
言葉を交わさずとも
その店目掛けて
まっすぐに歩き出す。

古本屋好きの悲しいサガだ。

店内はこぢんまりとしていて、
あまり客もいない。

入口付近には、均一本が
並べられている。

これは目新しくもないが、
奥に進むと郷土本の
古書がずらり。

水戸に関する本、
茨城に関する本が、
所狭しと置かれていた。

伝統的な古書店の体裁だ。

冬休みの寒々とした空気に
包まれ、郷土の古書たちも
背筋をピンと伸ばして
棚にささっている。

これぞ、まさしく
「茨城(水戸)の古本屋」。

地方の古本屋はこうでなくては!

と小一時間ばかり
茨城の古書に囲まれて
悶えていた2人であった。

うーむ、水戸にもこのような
伝統的な古書店が
眠っていたとは。

古本の穴場かもしれない。

Sponsored links 

冬休み茨城の穴場!ドラえもん?古本屋の旅

冬休み 茨城 穴場14
オリジナル写真です

古書どらびび

とらや書店で、私たちの
古本屋巡り魂に火が付いた。

今回の冬休みの旅行では、
「古本屋巡りはしない」と
決めていたのだが、
もはやそうも言ってられない。

「これは穴場な古本屋
があるかもしれない!」
と、慌ててスマホで検索開始。

すると、あった、あった。

駅から少々歩かねばならないが
千波町というところに一軒の
古本屋を見つけた。

「どらびび」

ちょっと(いや、かなり)
ファンキー(?)な書体で
書かれた看板が目印の
このお店。

「どらびび」の文字の隣
には、猫のような
ドラえもんのような
変わった生き物の絵が
描かれている。

「こ、これは!」
その看板を見た瞬間、
私の全身を電気が走った。

「見つけたな、この店
こそ、俺たちが探していた
旅先の穴場古本屋だ」

恥ずかしながら、
看板を見かけた私たちは
思わず店まで
ダッシュしてしまった。

ウキウキしながら店に入る。
こちらも店内は広くはない。

伝統的なとらや書店と
打って変わって、
漫画やら雑誌やらの
サブカル本が多い。

実は、古本屋好きと
いっても、私たちは
正統派ではない。

「どらびび」のような
サブカル系の古本が
守備範囲である。

そう、ここはまさに
私たちが求めていた
穴場の古本屋といえよう。

大好きなサブカル本たちに
囲まれて、小一時間どころか
小二時間ばかり、店内に
居座ってしまった。

旅先での至福のひとときである。

嗚呼、
茨城の古本屋、サイコー!
冬休みの古本屋巡り、
サイコー!

冬休み茨城旅行。時間を忘れる古本屋は?

冬休み 茨城 穴場
オリジナル写真です

つちうら古書倶楽部

「古書どらびび」の発見に
よって、思いのほか
冬休み旅行の予定が狂う。

行く予定であった観光地を
2ヶ所ほど割愛して、
更なる古本屋を探した。

時間の都合により、
帰る方向で、
駅の近くで、
という条件付き。

そうして、最後に
立ち寄った茨城の古本屋が、
「つちうら古書倶楽部」である。

ここは常磐線・土浦駅から
ほど近い。

前の2軒と比べ、売り場の
面積も広く、書籍の量も
多かった。

伝統的とか、
サブカル臭がするとか、
そういった特徴はないが、
本の量が多いから、
これはこれで楽しい。

某古本屋チェーンのように、
ただ単に量が多いという
訳でもなく、
しっかりとした品揃え。

土浦は東京からもアクセスが
良いし、店は駅から近いし、
本の量は多くて質も良いし、
この店もけっこうな穴場店である。

広い店内の中に積まれた
たくさんの古本に囲まれて、
こちらでは小三時間ばかり
居座ってしまった…。

結局、古本屋ばかり
巡ってしまった冬休みの
茨城旅行になってしまった。

冬休み茨城の穴場!まとめ

冬休みに計画した
茨城旅行。

とらや書店

古書どらびび

つちうら古書倶楽部

今回の冬休み旅行は、
大好きな「古本屋巡り」を
封印したハズであったが。

思いも寄らぬ1軒の
古本屋との出会いにより、
冬休みの旅程は脆くも
崩れ去ってしまった。

けれども、その結果
巡り会えた3軒の古本屋は、
どこも良質の古本屋で、
私たちは大満足。

茨城で、こんな古本屋に
巡りあえるなんて。

その後、ネットでググると
茨城にも古本屋がけっこう
あることがわかる。

茨城は古本屋の穴場だった!

そのような世紀の大発見を
してしまった去年の冬休み。

その後、私たちは
茨城に足繁く通うようになった。

今年の冬休みも、
茨城の穴場古本屋探しに
行こうかしらん。

まさに伝統的な地方の
古本屋「とらや書店」。

茨城の郷土本がたくさん
置いてあり、その昔ながらの
店の雰囲気に魅了された。

駅からも近いし、穴場の店だ。

大好きなサブカル本満載の
「古書どらびび」。

中野ブロードウェイにでも
迷い込んだかのような
マニアックな品揃えにびっくり。

ここは、穴場中の穴場!

本の量に圧倒された
「つちうら古書倶楽部」。

その品揃えと質の良さは、
東京の古本屋にも負けていない!

こちらも穴場だった。

茨城は、古本屋の穴場という
衝撃の事実を知った
去年の冬休みだった。

茨城穴場まとめ記事はこちら↓

【茨城】穴場スポット記事!まとめ

   
スポンサーリンク 
   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ