カップルで穴場めぐり!冬休み【茨城】タワーマニアおすすめ旅行とは?

   
スポンサーリンク 


それは、去年の冬休みの
ことであった。

冬休みは、茨城で
過ごそう、なんて彼が言う。

せっかくの冬休みに、
なんで茨城? と聞くと

「冬休みの茨城はとっても
魅力的で、穴場なんだよ。
特に、年末年始は。
しかも、お前の好きなタワーに
連れてってやる!」

どうにも「穴場」という言葉に
弱い私。

そして、無類の「タワー」好き
なのである。

それを知ってか、
「穴場」と「タワー」という言葉を
たくみに使って、
彼が冬休みの旅行計画を
立ててきた。

そのような訳で、
去年の冬休みは
茨城のタワー巡りの旅に出た。

冬休み茨城の穴場旅行!不思議なタワーがライトアップ??

冬休み 茨城 穴場7

オリジナル写真です

水戸芸術館
 
茨城に到着したのは、何と夜。

時節は、冬休み。
しかも、大晦日の夜である。

茨城の中心都市・水戸に着いて
何をするでもなく、
キラキラと光るイルミネーションを
眺めながら水戸の街を歩く。

表通りから一本裏道に入る。
そこをまたしばらく歩くと、
とても奇妙なタワーに出くわした。

三角形が張り巡らされ、
無機質で未来的なイメージを
喚起させるその形状は、
まさしくアート。

(このタワーは、穴場だな)

タワー好きの私は、
その奇妙なタワーの形状を
見ただけでも、大変な
感動を覚えた。

しかも、そのタワーがライトアップ
されているではないか!

「きれいだね」と私。

「きれいなだけじゃ、ないんだな」
と彼が言う。

そのタワーの目の前に来ると、
広場にはたくさんの人が
集まっていた。

え? 何ごと?

「たまには、こんなカウントダウン
もいいでしょ? ここは、
カウントダウンの穴場なんだ!」

急に彼のテンションが上がる。

そうして、私の手を引いて、
人の和の中に入っていった。

近年、ここ水戸芸術館では、
年末年始に「アートタワーみと 
スターライトファンタジー」
というイベントを開催している。

その日は、イベント期間真っ最中。
しかも、大晦日とあって、
カウントダウンも兼ねていた。

幻想的にライトアップされた
水戸芸術館のシンボルタワー
のもとで、大勢の人たちと
一緒に賑やかに年を越す。

こんな年越しも、
ありかもしれない。

茨城の穴場的な年越しを
おおいに楽しんだ
去年の冬休みであった。

冬休み茨城旅行!初日の出をみるなら穴場はここ!

冬休み 茨城 穴場8

オリジナル写真です

大洗マリンタワー

茨城で過ごした
去年の冬休みの思い出。
(その2)

水戸芸術館のイベントで
新しい年を迎えた
去年の冬休み。

夜が明けぬうちに、
一路大洗へと車を走らせた。

海辺の街・大洗。

漁業と観光で栄えるこの街にも
大きなタワーが立っていた。

その名も、大洗マリンタワー。

タワー、元旦の早朝、といえば、
もうお気づきであろう。

目的は、このマリンタワーから
初日の出を眺めること。

大洗マリンタワーの3Fは
展望台になっていて、
そこから初日の出を拝む
ことができるのだ。

3Fといっても、高さは
55mもあり、構造的にも
ほぼ塔のてっぺんに位置する。

展望は360度の大パノラマ。
東の方角には、もちろん
太平洋が広がっていた。

日の出の時刻が近づくと
東の水平線が赤く染まってきた。

少しずつ、ゆっくりと太陽が
水平線から姿を現し、
それとともに辺りも明るく
なっていく。

「おおっ」
周囲の人々が歓声をあげる。

「おおおおっ!!!」
私と彼も思わず大きな声を(笑)。

太平洋から登る
今年初めての太陽を
55mの高さから拝むこと
ができるなんて!

「すごい! 感動!」
私は思わずはしゃぐ。

「だろ? ここ、けっこう
穴場だろ?」
と彼も興奮気味である。

穴場という割には、
けっこうな人出であったが。

そんな彼の失言も
気にならないほどに、
茨城の塔と海と太陽に
すっかり魅了されていたのだ。

Sponsored links 

冬休み茨城の穴場旅行!51と77がキーワードのタワーとは・・・

冬休み 茨城 穴場9

引用元⇒http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=1064

大野潮騒はまなす公園

茨城で過ごした
去年の冬休みの思い出。
(その3)

茨城のタワー巡りの旅の
最後に待っていたのが、
大野潮騒はまなす公園の
宇宙展望塔だった。

「これぞ、茨城の3大タワー」

彼は自慢げに言っていたが、
そこには大きな落とし穴が
待っていた…。

マリンタワーをあとにして、
国道51号線を鹿嶋方面に
向かって車を走らせる。

国道51号線は、海の側を
走る道路で、度々姿を見せる
太平洋の姿にうっとりと
させられた。

やがて辿り着いたのが、
大野潮騒はまなす公園。

ここには、宇宙展望塔という
展望台と美術館、資料館
を兼ねたタワーが立っていた。

「潮騒はまなす公園」という
名の通り、すぐ近くには
海があり、潮騒の音が
耳に心地よく響く。

塔の高さも77mあり、
なかなかの高さ。

灯台のような多角形の
形状も可愛らしい。

「いいじゃん!このタワー!」

冬休みの素晴らしい
穴場なデートコース選定に
彼を褒め称えたまでは、
良かった。

公園の駐車場に車を停め
展望塔の前に来て
私たちは見てはいけないものを
見てしまったのだ。

51号線 77mのタワー

休館日。
年末年始、展望塔は
休みらしい。

「ここは、仮眠場所の
穴場なんだ」

開き直って車の中で
寝ようとする彼の頭を、
思い切り叩いてやった。

冬休み茨城の穴場旅行!まとめ

最後の大野潮騒はまなす公園は
残念な結果に
終わってしまったけれども、
それでも去年の冬休みの
茨城タワー巡りの旅は、
忘れられない思い出になった。

このような穴場観光地を巡る
冬休みも、悪くないと
思った。
水戸芸術館

大洗マリンタワー

大野潮騒はまなす公園

彼曰く、
「カウントダウンの穴場」という
水戸芸術館のタワーの
もとで開催されたカウントダウン。

タワー自体がアートだし、
イベントもおしゃれで
確かに穴場かも!と思った。

彼曰く
「初日の出の穴場」という
大洗マリンタワーでの
初日の出。

太平洋から登る太陽の
美しさに感動した。

そして、彼曰く
「仮眠場所の穴場」という
大野潮騒はまなす公園。

中に入れなかった
宇宙展望塔には
今年の冬休みに
絶対にリベンジしてやる!
(年末年始は避けないと!)

茨城穴場まとめ記事はこちら↓

【茨城】穴場スポット記事!まとめ

   
スポンサーリンク 
   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ